歩いておきたい1000の道 温泉と川辺の遊歩道

「新日本歩く道紀行100選シリーズ 歩いておきたい1000の道」というのがあって、昨年ですが筑後市からも2コースが選ばれました( ^ω^ )  紹介サイトは→こちら
一つは、JR筑後船小屋駅を起点として、恋木神社まで歩く「ふるさと恋のみち(約4.4km)」そしてもう一つが、筑後船小屋駅を発着として広域公園をぐるりと回る「温泉と川辺の遊歩道を歩く 癒しの道(約7.4km)」。


今日は、温泉と川辺の遊歩道を紹介しますね。まずは駅を出てしばらく歩くと、光明寺というお寺が現れます。729年創建の歴史あるお寺で、その後火事で焼失するも、平重盛により再興されます。平家伝説にもちなむお寺なんですね。
20160514-01

そこからはビオトープ(水路)沿いを歩きます。中には、水路の上を歩けるところもありますよ!そしたら今度は、この写真の奥に写っている橋へと歩いていきます。
20160514-02

矢部川のたもとに出ましたo(^▽^)o この日は良い天気。小さな花もたくさん咲いています!
20160514-03

矢部川に沿ってしばらく歩くと、見えてきました、中ノ島公園の大楠林。天然記念物に指定された約600本のクス森です。
20160514-04

国道209号線の赤橋の下をくぐると、船小屋鉱泉場。高濃度炭酸と鉄分を豊富に含んだ水が湧いています。飲んでみよう!
20160514-05

もう3分の2くらい歩きましたよ♪ ここらで一休み、恋ぼたるの足湯をどうぞ。
20160514-06

さぁ今からは広大な広域公園内を歩いていきます。
20160514-09

最初に出てきたビオトープ沿いの道に戻ってきました。この日はタマスタ筑後で広島戦があってたので、赤いユニフォーム姿の人とたくさんすれ違いました!
20160514-07

戻ってきました!筑後船小屋駅!! 右側の九州芸文館の中には「カフェ 芸術の森」があるので、アイスコーヒーでも飲もう!!
20160514-08
 自然いっぱいのコースでしょ?(´ω`人) 歩くのが嫌な人、時間がない人は、筑後船小屋観光案内所でレンタサイクルも行ってますよ。爽やかなこの時期に楽しんでみましょ♪

田島照久展があっている今こそ!荒野予而江美術館へ。

みなさん、荒野予而栄(あらのよしえ)美術館って知ってますか? 九州芸文館で「田島照久の全仕事展」が開催されている今こそ、紹介したい場所なのです。その理由とは?
20160424-01

 美術館館長の田島敬子さんに中をご案内いただきました。そう、田島敬子さんは田島照久さんのお姉さん!そして荒野予而江さんは田島敬子・照久姉弟にとって、おばさんにあたる方だそうですよ!
20160424-02

荒野さんは筑後市にも縁がある日本画の画家。日本画の大家・伊東深水(いとうしんすい)に師事したそうですが、世界各国を回る中で、日本画とも洋画とも言えない融合した作品を数々手がけました。
20160424-03

作品の数々をどうぞ!
20160424-04

20160424-05

「徹子の部屋」やテレビを見ながら、荒野さんがささっとスケッチした絵なんですって!ささっと描けるもんなんですね( ;∀;)
20160424-06

そんな中、照久さんの作品も発見しましたよ。こちらはグラフィックデザインですね。
20160424-07

田島照久さんが手掛けた作品と言えば、浜田省吾さんやハウンドドッグのCDジャケット!取り揃えてありましたよ。そして、ガンダムのブックレットもありました。楽しめましたよー♪20160424-08

2060424-09

荒野予而江美術館
住所 : 筑後市和泉451-2
営業 : 第1・第3日曜 10:00~16:00
入場料: 無料 

水辺公園の紅葉2015 & ステンドグラス瑠璃工房

朝晩が冷え込むようになり、ずいぶんと秋らしくなってきましたね(^◇^)  井原堤水辺公園の紅葉もずいぶん進んできましたよ。
20151104-01

真っ赤に色づいた葉が足元を埋めています。きれいですよね♪
20151104-02

堤側から見るとこんな感じ。堤の周りを取り囲むように遊歩道が整備されていて、一周するのに15~20分程度。いい散歩道です。桜の季節もきれいだけど、秋もいいですよ。
20151104-03

水辺公園のほとりには、『ステンドグラス瑠璃工房』があります。
4年前の秋にも訪れましたね。その時のリポートは⇒こちら
20151104-04

おうちに入らせて頂くと、美しい世界がーー!! 気軽に見学できますよ、ただし事前に電話をされてくださいね。秋を感じに、水辺公園&瑠璃工房へ、ぜひ♪
20151104-05

20151104-06 20151104-07

☆井原堤水辺公園  筑後市大字西牟田6044-1
☆ステンドグラス瑠璃工房 筑後市大字西牟田6380-29(tel0942-53-2272)

筑後の夜景

冬と言えばイルミネーション!
筑後市内でも、あちらこちらで綺麗にディスプレイされたイルミネーションが見られます。

そんなイルミネーションスポットを探索してきましたヽ(。・ω・)ノ

20131227_0195.jpg

続きを読む

サンコアに博物館発見!

サンコアに、小さな博物館を見つけました\(^O^)/
20131128_0073.jpg

続きを読む

船小屋鉱泉場に足湯がお目見え!

img_0166.jpg

期間限定8月31日まで、船小屋鉱泉場に足湯が出来てます!
という事で、浸かってきました♪

img_0167.jpg
湯温19℃だそうで、ひんやりして気持ちい~い(*´艸`)
足のむくみにも効きそうです☆

ちなみに「不摂生してると浸けた所が赤くなるよ」って言われてドキドキしてたんですが、結果はまんまと真っ赤になりました(>_<;)
早寝早起き頑張りマス。。。

img_0168.jpg
(りらっくまが おきあがり あしゆに はいりたそうに こちらをみている)

リラックマも入りたがるこの足湯、ちょうど夏休み期間中という事もあり、なんと名古屋からのお客さんが!
おばあちゃんに連れられた、可愛いお嬢さんでした。
楽しい夏休みの思い出になるといいなあ(´∀` )

帰りは恋ぼたる物産館で枝豆ジェラートをいただきました。
さっぱりしたお味で、大変おいしゅうございました(-人-*)
img_0169.jpg

遅くなりましたが、博多発動機館の秋の収穫祭レポート

機械の中を真剣に覗き込む子どもたち。
何なに?何かおもしろいものが入ってるの??

レポートが大変遅くなってしまい、本当に申し訳ないです・・・。
去る10月15日、筑後市溝口にある【博多発動機館】で、秋の収穫祭が行われました。

1210_01syukaku.jpg

わたしも初めて見るような昔の農機具を使って、
子どもたちがおもしろい体験をしていましたよ。

「やりたい!やりたい!」「うわー、すごーい!」
にぎやかな様子をぜひ、ご覧ください(^▽^)

続きを読む

プロフィール

ちくてく新聞編集部[筑後市観光協会]

Author:ちくてく新聞編集部[筑後市観光協会]

ちくてく新聞は、筑後市観光協会のスタッフが「ちくごをてくてく」歩いて見つけたおもしろいモノやコト、ヒトなど紹介します。少しずつ充実させていきたいと思っていますので、どうぞよろしくお願いします!

筑後市観光協会ホームページ

twitter


facebook page
ちくてくちゃんねる
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスカウンター