FC2ブログ

久留米絣っていろいろ。絣の里巡りへ行こう!

いやいや、ここ数日、いきない暑いですよね。
今日は、イベント準備でほとんど外で作業してましたが、早くも日焼けモードです。
どうか、もう少しゆっくり季節が進みますように・・・。

さぁ、今週末の絣の里巡りまであと2日。今回は、7つの久留米絣工房が出店されます。
■詳しくは → こちら
工房によって、色合いや模様もさまざま。見て回るだけでも楽しいですよ!

三種の神器・・・というのは大げさですが、わたしの手帳と携帯、名刺入れも
久留米絣使用です♪はぎれをカットして、挟み込んだだけですが
簡単でオリジナル感のある、久留米絣の楽しみ方だと思います。お気に入りです☆

kasuri513_02.jpg



藍染め手織りの工房では、昔ながらの伝統柄があったり、
ka515_01.jpg



縞と花を組み合わせた絣などなど
ka515_02.jpg


久留米絣は先染めの綿織物。
きちんと設計してから染めた、たて糸とよこ糸を織ることで独特のかすれた
柄がうまれます。プリントの布とはまた違った深みと風合いがあります。

ka515_03.jpg


機械織りの工房は、色や柄のバリエーションも豊富!
工房を開放する2日間なので、ほんとにたくさんの生地を見られるのが魅力です。
はぎれはもちろん、切り売りをしてくれる工房もありますよ。
手作りをする方にもおすすめです。

ka515_04.jpg


機械織りといえども、想像しているものとは全然違うと思います。
織る作業だけが動力で、数台を機を人がつきっきりで調子を整えておられます。
糸を染めたり干したり、機械に1本1本通したりする作業は、丁寧な丁寧な手作業。
手織りと同じく、手間暇がかかっています。

ka515.jpg


昭和初期から今も現役の機械もすばらしい!こんなポップな絣も織られていますよ。

ka515_06.jpg


当日は、工房見学、藍染め、手織り体験ができるところもあります。
初夏の絣の里へ、ぜひ遊びにきてくださいね。


第26回絣の里巡りin筑後
日時/平成25年5月18日(土)・19日(日)
   午前9時〜午後5時
場所/筑後市北西部一帯の久留米絣工房等
案内所/熊野区公民館(筑後市熊野730)
TEL.0942-53-4229(筑後市観光協会)

JR羽犬塚駅、筑後船小屋駅より、本部まで無料のシャトルバス運行!


大きな地図で見る


プロフィール

ちくてく新聞編集部[筑後市観光協会]

Author:ちくてく新聞編集部[筑後市観光協会]

ちくてく新聞は、筑後市観光協会のスタッフが「ちくごをてくてく」歩いて見つけたおもしろいモノやコト、ヒトなど紹介します。少しずつ充実させていきたいと思っていますので、どうぞよろしくお願いします!

筑後市観光協会ホームページ

twitter


facebook page
ちくてくちゃんねる
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
カレンダー
04 | 2013/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスカウンター