FC2ブログ

9月15日(土)は、溝口竈門神社千燈明祭

朝夕は少し肌寒ささえ感じる季節になりました。
今週末は3連休♪だけど・・・お天気がちょっと心配ですね。
みなさま、台風の今後の進路にどうぞ注意くださいね。

さて、秋は筑後市でもお祭りやイベントがめじろおし☆
明日9月15日(土)は、『溝口竈門神社千燈明祭』が開催されますよ。
昨年は残念ながら、雨で中止でした・・・(;_;)

去年の今ごろに掲載した記事ですが、2010年に撮影した写真を含めてご紹介しますね。

-------------------------------------------------------------------------------

夜空に星とちょうちんがキラキラと浮かびあがっているようですね。
2010年の溝口竃門(かまど)神社千燈明祭の風景です。


筑後市の溝口地区で行われる「五穀豊穣」「疫病退散」を祈願する秋祭りで
今年は9月15日(土)に開催されますよ。

mizo04.jpg

竈門神社の楼門の前には、大きな2本の大楠がそびえ立っているのですが
ときどき、会いに行きたくなるくらいとても凛々しく、とてもかっこいいです!
ぜひ、見ていただきたい!
(わたくし、大きな木が大好きなんです)

見ごたえある、大楠の紹介はまた後日ということで
今日は、千燈明のお話です。



筑後市の無形民俗文化財にも指定されているかまど神社の千燈明。
その歴史は古く、京保17年(1732年)、全国的に凶作と流行病が蔓延したそうです。
溝口地区も大被害を受けたのだとか。

この災いを取り除くため、神前に燈明をかかげ、祈願したことがはじまりといわれています。

mizo05.jpg

午後6時半、地区の男の子たちによる裸ん行(はだかんぎょう)が
「わっしょい!わっしょい!」の掛け声とともに出発。
矢部川の土手を下り、川の水で身を清めて戻ってくると、
高さ約20メートルのやぐらのろうそくに火が灯りはじめます。

すると、浮かび上がったのは・・・
南北朝時代にこの地区にあったという溝口城の天守閣!
境内が一気に幻想的な雰囲気に☆


見上げると、け、けっこう高いです・・・(汗
世話人さんも大変です。ごくろうさまです。

mizo03.jpg


裸ん行を終えた子どもたちも、天守閣を見上げています。
さらしをまいた姿がきまってますね。
このあとは、盆おどりや演芸大会でにぎわいますよ。

mizo01.jpg


土手の上から見た景色。
小さな秋の火祭りですが、夜店もあり、
燈明もとてもきれいで、わたしの好きなお祭りのひとつです。

夜は、過ごしやすい気候になりました。
お出かけしてみてはいかがでしょうか?

mizo02.jpg


溝口竈門神社千燈明
日時/9月15日(土)午後7時開催
場所/溝口竈門神社
※雨天の場合、9月16日(日)に延期(16日も雨の場合、17日に延期)


より大きな地図で 溝口竈門神社 を表示

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ちくてく新聞編集部[筑後市観光協会]

Author:ちくてく新聞編集部[筑後市観光協会]

ちくてく新聞は、筑後市観光協会のスタッフが「ちくごをてくてく」歩いて見つけたおもしろいモノやコト、ヒトなど紹介します。少しずつ充実させていきたいと思っていますので、どうぞよろしくお願いします!

筑後市観光協会ホームページ

twitter


facebook page
ちくてくちゃんねる
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
カレンダー
05 | 2020/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスカウンター