FC2ブログ

九州芸文館「筑後の大陶芸展」8月2日(日)まで!

早くも、今日で7月も終わりですね!

8月2日(日)まで、九州芸文館で開催中の「筑後の大陶芸展」へ行って来ました♪(取材のため、許可を得て撮影しています)



筑後市をはじめ、筑後地方には伝統を守り続けている陶芸家、また、この土地ならではの特色を生かした作品を創られる匠の方々がたくさんいらっしゃいます。

日常使いの器からランプシェードなど、様々な技法と釉薬を用いて作陶される『二本松焼 定窯』、

DSC_0018_convert_20150731175142.jpg

窯名は筑後川の支流「花宗川」が由来となった、全国的にファンの多い『花宗焼』、

DSC_0019_convert_20150731175207.jpg

約400年前、太宰府天満宮や水田天満宮の神具を献上するために焼き始めたのが始まりの「水田焼」、

DSC_0028_convert_20150731175232.jpg

筑後市にある、国内でも珍しい含鉄炭酸泉の「船小屋鉱泉」では、空気に触れると酸化して褐色の沈殿物を生じますが、その沈殿物を使って焼き上げたのが遊陶里工房の「船小屋鉱泉焼」です。

DSC_0031_convert_20150731175256.jpg

江戸時代から伝わる「赤坂焼」の赤坂人形は、郷土玩具「ててっぽっぽ」として親しまれてきたそうです♡
愛くるしい表情の人形たちが、何とも言えないですね~

残り少ない開催期間となりましたが、筑後の陶芸家の作品と活動をぜひお楽しみください♪

筑後の古窯と現代陶人の一大展覧会
◆会期 ~平成27年8月2日(日)まで 午前10時~午後5時
◆会場 九州芸文館
◆入場料 一般300円 大学生200円 中高生100円(65歳以上、小学生以下は無料)
◆お問い合わせ 九州芸文館(0942-52-6435)

DSC_0040_convert_20150731175321.jpg

陶芸展を観た後は、足湯はいかが?

今年も8月1日(土)から、船小屋鉱泉で足湯がスタート!

何と今年は、「船小屋鉱泉足湯巡りスタンプラリー」も、実施しますよー(^^)/

船小屋鉱泉場足湯2014

炭酸泉で有名な「船小屋鉱泉場」、「長田鉱泉場」、「川の駅船小屋恋ぼたる温泉館」、この3か所の足湯を体験し、周遊スタンプラリーを集めると、川の駅船小屋恋ぼたる温泉館の入浴料が半額に★

台紙は、各鉱泉足湯の箇所で配布しています。

◆お問い合わせ:川の駅船小屋恋ぼたる温泉館 0942-52-8866

EPSON028_convert_20150731180018.jpg

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ちくてく新聞編集部[筑後市観光協会]

Author:ちくてく新聞編集部[筑後市観光協会]

ちくてく新聞は、筑後市観光協会のスタッフが「ちくごをてくてく」歩いて見つけたおもしろいモノやコト、ヒトなど紹介します。少しずつ充実させていきたいと思っていますので、どうぞよろしくお願いします!

筑後市観光協会ホームページ

twitter


facebook page
ちくてくちゃんねる
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
カレンダー
05 | 2020/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスカウンター