アートで遊ぼう!「感性の生まれいづるところ」&「木村崇人展」

九州芸文館では、現在二つの無料展示会が行われています(^-^)/
1つ目は「感性の生まれいづるところ」。2月26日までの開催です。
この展示会は、国内外問わず様々な地域の芸術家同士の交流を行うプロジェクト「筑後アート往来」の一環です。今回は福岡県に縁のある若手作家5人の作品が集まりました!20170207-01

会場に入ってまず目に飛び込んできたのは、左手の壁に飾られた巨大な絵画ヽ(*゚ロ゚)ノ 浦川大志さん(宗像市)の作品です。刺激的な色合いですが、描かれているものは船小屋のシンボルだった昔の赤橋だったり、そこで水遊びをする子供だったり。全体を通じて筑後市のレトロな風景が描かれています。
20170207-02

続いては、ヒロム・モリネッティさん(八女市)の小さな芸術品!からくり人形を作ったり、世界最小のテディベアを作ったり、そんな経歴を持つモリネッティさんのスモールアートが幾つも並びます(*'▽') そんなモリネッティさんのワークショップ「からくり人形を作ろう」が期間最終日の26日13:30から行われます。参加料は2,000円、定員は10名!お問い合わせは九州芸文館0942-52-6435まで( ..)φメモメモ
20170207-03

そして私が一番気に入ったのは、牛島光太郎さん(八女市)の作品。地域の人から頂いたハギレをもとに、それを使っていた人たちの暮らしを思い浮かべ、テキストと融合させた優しい作品です♡
20170207-04

他には古賀義浩さん(久留米市)、平岡昌也さん(筑後市生)の作品もあります。ぜひ芸文館で観てみてね。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

そして2つ目は、昨年12月から開催されている「アートで地球と遊ぶ 木村崇人展」。こちらはいよいよ今月19日までとなりました。
20170207-05

会場を埋め尽くさんばかりの青い布ォ━━(#゚Д゚#)━━!! 日光写真の原理で等身大の人の姿を布に写し取ったものです!躍動感がありますよね。
20170207-06

会場内に設置された小部屋。ここに入ると、影の隙間にできる小さな光が、、あれあれ? ☆の形になってますよ。小部屋の中には、他にも枯葉や麦わら帽子が置いてあります。色んなものを光にあててみてください。かならず☆の形になりますよーー♪
20170207-07

面白かったのは、このアイテム。ハンドルを持たされます➡タイヤが浮くまで持ち上げる➡スタッフさんがタイヤを回す➡体を右左にひねる、、、すると!あれれ?なことが起こります(笑)
20170207-08

ぜひ九州芸文館で、アートを楽しんでくださいね(」*´∇`)」

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ちくてく新聞編集部[筑後市観光協会]

Author:ちくてく新聞編集部[筑後市観光協会]

ちくてく新聞は、筑後市観光協会のスタッフが「ちくごをてくてく」歩いて見つけたおもしろいモノやコト、ヒトなど紹介します。少しずつ充実させていきたいと思っていますので、どうぞよろしくお願いします!

筑後市観光協会ホームページ

twitter


facebook page
ちくてくちゃんねる
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
カレンダー
03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスカウンター