「あの日を忘れない」サザンクス震災復興支援イベント

東日本大震災から 6年
熊本大分地震から もうすぐ1年


今年1月14日、サザンクス筑後では震災復興支援事業のキックオフとして、「ゼロの阿蘇のお話し&防災落語」が開催されました。会場には、地震の被害を受けた熊本阿蘇の写真が並べられていました。
20170315-01

この写真を撮られた長野良市さんが来られました。様々な写真を通じて被害の状況を話して頂きました。事態を伝えるために寝る間を惜しんで撮り続けた写真、地元の方だけが知る、地元の方だから踏み入れる、そんな写真だからこそ緊迫した状況が伝わってきました。
20170315-02

福々亭金太郎さんの防災落語。テーマは夫婦で話し合うハザードマップ、でも旦那さんが勘違いして? コミカルな話でしたが、改めて避難場所を考えなきゃ、そんな一席でした。
20170315-03

この日、サザンクス筑後・事務局長の久保田力さんも壇上に立ちました。その時の言葉を私なりにまとめます。
「東北や熊本で起こった地震は、対岸の火事ではないと思っています。もしサザンクスで興行が行われている時に地震が発生したら、施設内の観客の命を守れるのか?という視点で向き合っています。また被災地にもサザンクスのような文化施設があり、そうした施設で被災者が文化や芸術に親しめる日々が一日も早く戻るようにと思っています。」


そうした願いを込めて、3/19日~20日(祝)の二日間は、サザンクス筑後で復興支援イベントが行われます。
まずは3/19「CHIKUGO Jr. JAZZオーケストラセカンドコンサート」。椎名豊さんを筆頭に数あるプレーヤー達が集結します。さらに八女高校吹奏楽部やパフォーマンス集団センゲキなどがコラボする一大パフォーマンスが楽しみですね(^^♪
20170315-04

そして3/20「あの日を忘れない~復興支援フェスティバル」。先ほど紹介した写真展の他、
11:40~13:10 第2回サザンクス筑後音楽祭
13:40~14:55 パフォーマンスステージ
15:00~16:15 スペシャルステージ「ピアノ演奏と朗読」&講演会「よそ者の私ができること」
20170315-05
会場内には約50軒の店舗が登場、売上の一部は復興支援のために送られます。また会場内には募金箱も設置されますよ。われわれ筑後市観光協会も出展します、復興支援の一助になればと思っていますよ♪

問合せ:サザンクス筑後 tel0942-54-1200

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ちくてく新聞編集部[筑後市観光協会]

Author:ちくてく新聞編集部[筑後市観光協会]

ちくてく新聞は、筑後市観光協会のスタッフが「ちくごをてくてく」歩いて見つけたおもしろいモノやコト、ヒトなど紹介します。少しずつ充実させていきたいと思っていますので、どうぞよろしくお願いします!

筑後市観光協会ホームページ

twitter


facebook page
ちくてくちゃんねる
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスカウンター